プロフィール

カボ

Author:カボ
岩手から黒柴の加倫(かりん)と赤柴の杏寿(あんず)と世話係のカボのアレコレを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ちました

2/28 多飲多尿の症状がでて、かかりつけの病院へ行きました。
エコー検査をされ、子宮蓄膿症の疑いありと診断されました。
抗生物質の注射をして、一週間分の薬を処方され、帰りました。

一週間後、再度、病院へ行き、多飲多尿の上、食欲不振になったと言いました。
医者はまたエコー検査をして、正常と確認し、今度は血液検査をしました。
結果、血糖値が異常に高く、一目で糖尿病と診断されました。
ところが、その病院ではインスリンを常備しておらず、対処できないと言われました。
慌てて治療してくれる病院にみつけて、入院して出来る限りの治療をお願いしました。
3、4日入院して点滴すれば血糖値が下がって良くなるはずと言われてました。
しかし、合併症の腎不全で、回復することなく入院二日目で亡くなりました。
もっと早くから治療してればと医者に言われました。
かかりつけ病院の医者の誤診で一週間も関係のない薬を飲ませてしまったことが悔やまれます。
12年も通っていた病院だったので、医者を信頼し疑いもしませんでした。
人間同様、セカンドオピニオンは必要でした。
ネット社会なのだから、病院の口コミなど調べ、より良い病院を探すべきでした。

加倫ごめんね。不甲斐ない飼い主でごめんね。
うちの子じゃなかったら、もっともっと長生きできたのにね。
でもね、私は最初の子があなたで良かったと思うんだ。
普段はビビリの小心者のくせに、たまに頑固で言う事きかないときもあったね。
私はいつも文句を言いながら、結局あなたに根負けしたっけ。
深夜に庭に出たいとか玄関に座り込んで、てこでも動かないの。
ほんと困った子だわ。
今はもう、みんないい思い出だね。
幸せな12年間をありがとう。
もし、生まれ変わったら、また私の子になって欲しいな。
今度はもっともっと立派な親になるからさ。約束。
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2015/03 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。