プロフィール

カボ

Author:カボ
岩手から黒柴の加倫(かりん)と赤柴の杏寿(あんず)と世話係のカボのアレコレを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の犬、岩手犬(正式名称は岩手マタギ犬)がん君とパチリ




岩手犬 (体高55cm~60cm)

 岩手県と秋田県の県境、奥羽山系の山間部落に暮らす猟師(マタギ)が熊猟犬として使用していたので、比較的大きめの中型犬。地元では通称「マタギ犬」と呼ばれていた。猟犬としての純血を維持されていたので、日本犬として非常に姿も質もよいものが秋田、青森県に掛けてたくさんいたが、明治末から大正の初めに押し寄せた雑種化の波と闘犬ブーム、そして猟師も少なくなり犬の数は減り、昭和に入って日本犬ブームにより都会にも放出させられた。
 『不二号』『矢白号』などが東京で種オスとして活躍、多くの優秀犬が作出されたが太平洋戦争により保存はふりだしに戻され、戦後は地元の有志により残存犬の発掘・再建が試みられたが戦前の名犬とは質的に追いつかないものであったため、自然にその姿は消えて行った。
 秋田マタギ犬もこの系統ではあるが、闘犬を目的とした秋田犬の作出のためにより大きく・強く、と他犬種の血が導入され、その姿は大きく変わっていった。この『秋田犬』と混同しないように狩猟系(マタギ犬)を『岩手犬』と命名した。

がん君は今3才です!絶滅から防ぐため同じ岩手マタギ犬の雌のお嫁さんを探しています!情報お寄せ下さい!

最近の岩手マタギ犬たちの情報はコチラを見て下さい
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去ログ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。